浜田広介生家は、江戸時代末期に建築された木造茅葺平屋建ての農家造りで、広介が明治26年に生まれてから米沢中学校(現米沢興譲館高校)に入学するまで住んでいました。平成12年に記念館敷地内に移築・復元されました。




広介の生家は、江戸時代末期から明治初頭にかけて建てられたとされ、築後百数十年と思われます。木造平屋建ての農家造りで、屋根の中央に煙り抜きの破風(はふ)があるなど当時の農家の様子がうかがえます。

記念館敷地内に移築・復元された際、材木もほとんどが移築前のものを使用しており、消防法の規制のため茅葺屋根は銅板葺となりましたが、ほぼ忠実に復元しています。板戸には、広介が刻んだ文字がそのまま残されています。


広介が東京の書斎で作品を書く際に愛用していた家具や文具などを展示しています。

昭和初期に高畠町で使用された農機具や、民具などを展示しています。
このウィンドウを閉じます